ブログ一覧


遺品整理を業者に依頼せず、自分で行うことは可能?

遺品整理を自分でするか、悩んでいる女性

遺品整理を1人で行えるかの可否について

この記事を読むための時間:3分

遺品整理を1人で行うのはかなりの時間と労力が必要です。残すものと不用品との分別、不用品の処分、遺産の分配など、遺品整理を1人で全て抱えてしまうと、悲しみにくれる間もなくさまざまな作業が押し寄せてきます。体にも心にも余裕がないこのタイミングでこんなことになってしまっては、やがて病気を抱えてしまうようなことにもなりかねません。では、1人では抱えきれない遺品整理を、どのようにして対処していけばよいのでしょうか?今回は遺品整理を1人で行えるかの可否について、1人では難しい場合の対処法の解説も交えながらお話していきます。

遺品整理は1人でできる?

遺品整理を1人でできるかどうかは、残された遺品の量や、不動産、株式などの財産の有無によります。残された遺品は残すものと不用なものをまず分別しなければなりません。不用品も売却できそうなものは現金化し、親族で分配する必要がありますし、売れないものは廃棄処分する必要があります。遺品の量が少なければ1人でも対応できるかもしれませんが、人間1人当たりの所有物というのは想像以上に多く、1人暮らしの家でさえもこんなにあるのか、と驚いてしまうほどです。なので、遺品整理を1人で行うのは基本難しいと考えておいたほうがよいかもしれません。また、故人が土地や建物を所有していた場合、法的な手続きが必要となり、専門家の助けがどうしても必要になる為、この場合においても1人で遺品整理を行うことは自分に専門的知識がない限り、不可能です。

遺品整理を1人ですることのデメリット

遺品整理を1人でするにはかなりの覚悟が必要です。加えて、下記のようなデメリットが発生する恐れもあります。

・ゴミ対応
・大切なものを誤って処分
・ご近所からの苦情
・専門知識の不足に対する対応

これら4つのデメリットについて、具体的に解説していきます。

不用品対応

1人で遺品整理を行う際の最大のデメリットは、大量に発生する不用品の対応です。遺品整理をするとまず驚かされるのが、不用品の量の多さです。人間が生涯にわたって所有する物の多さは想像以上であり、タンスの中、押し入れ、物置などから大量の不用品が現れます。これらを残すものと売却するものに1つ1つ分配し、売れないものに関してはゴミとして処分しなければなりません。不用品も中にはタンスや大型家電など、持ち運ぶのが困難なものも多く、1人で遺品整理を行うと、これらの作業が全て自分にかかってきて、大変です。

大切なものを誤って処分

1人で遺品整理をする際に、最もトラブルに巻き込まれやすいデメリットは、大切なものを誤って処分してしまうことです。1人で遺品整理を行っていると、残すものと処分するものの判断が自分一人の価値観で行われるようになってしまいます。大切な土地の権利書をただの古い紙切れだと勘違いして捨ててしまったり、本当はものすごく価値がある骨董品を「古い」「汚らしい」との理由から捨ててしまったりすると、処分してしまったことに対する責任を自分1人で負う羽目になってしまい、他の遺族とのトラブルにもなりかねません。残すものと処分するものの分別には、実は大量の知識と情報が必要であり、これらを1人で行うことはかなりのリスクを背負うことになります。

ご近所からの苦情

1人で遺品整理をすることで発生するデメリットの1つに、ご近所からの苦情があります。大量の遺品を整理するにはかなりの時間を要し、気付けば2年が経過してもまだ片付けられない、ということにもなりかねません。整理がつかない故人の家に対し、「管理はどうなっているのか」「連絡網をきちんと作って欲しい」などの苦情が少しずつ寄せられるようになってくることが、よくあります。

専門知識の不足に対する対応

生前に、故人がいくつか土地や建物を所有していた場合、新たな権利者の決定や売却の可否について、専門的な知識の下、決定していかなければなりません。遺品整理を1人で行う場合、こういった手続きも全て自分で行わなければならなくなります。複雑な契約書や法律の知識も自分で全て身に付けなければならなくなり、その負担は計り知れません。

専門業者を利用するメリット

遺品整理を1人で行うには大量の時間と労力に加え、専門的な知識も必要になります。なので、遺品整理を1人で行うことはほぼ不可能である、といっても過言ではないでしょう。ではこの場合どうすればよいのか、1つの方法として専門業者の利用があります。専門業者に遺品整理をお任せする最大のメリットは、遺品の分別から買取、ゴミ出しに至るまでのすべてを完全にお任せできることです。
京滋の不用品回収.comでは、遺品整理から整理完了後のハウスクリーニングまで一括して行うことが可能です。遺品整理を1人でどうすればよいのか、悩んでいらっしゃるのであれば、ぜひ私達にご相談ください。

1人で抱えず、プロに相談しよう

遺品整理を1人で行うことは、ほぼ不可能に近いでしょう。ではほかに頼れる身内がなく、遺品整理につまずいてしまったらどうすればよいのでしょうか?この場合は迷わずプロの遺品整理業者に相談しましょう。プロの遺品整理業者に依頼すれば遺品整理に関するすべてのことをお任せできます。
私達京滋の不用品回収.comでは遺品整理に関する全ての作業に対し、無料でお見積もりさせて頂いております。ご遺族の悲しみに寄り添った、最良の方法をご提案させて頂きますので、ぜひご利用ください。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社マイジョリティサービス. All rights Reserved.