ブログ一覧


仏壇の処分方法を解説します。

仏壇 処分

 

【仏壇はどうやって処分する?様々な処分方法を解説します】

 

仏壇は粗大ごみとして処分できるかもしれませんが、そのまま処分するのは止めた方が良いでしょう。

 

それでは、仏壇の処分方法についてご説明しましょう。

 

【仏壇を処分する方法とは?】

 

仏壇を処分する方法は多くありますが、必ず閉眼供養を済ませておきましょう。仏壇は特殊なものなので処分してくれないのではないかと気になる人もいるかもしれませんが、そんなことはありませんので安心してくださいね。

 

それでは、仏壇の処分方法についてご説明しましょう。

 

○菩提寺に処分を依頼する

 

仏壇を処分する一般的な方法として、菩提寺に処分を依頼する方法があります。菩提寺は仏壇の供養から処分まで全て引き受けるお寺です。

 

閉眼供養をしてから仏壇を運び出して処分するのが一般的な流れです。開眼供養とは仏壇に魂を入れる儀式のことであり、「魂入れ」や「お性根入れ」、「入魂式」とも呼ばれています。菩提寺では開眼供養から請け負っているため、仏壇を購入した後に開眼供養を行ってもらえるので助かります。

 

○供養から処分まで行ってくれる業者に依頼する

 

仏壇を処分したいなら、供養から処分まで行ってくれる業者に相談するのもおすすめです。こちらは閉眼供養からお焚き上げによる処分まで行ってくれるので、スムーズに仏壇を処分できます。

 

何らかの理由で仏壇を引き取ることができなかったり、お寺などと付き合いがなくて相談できなかったりする人は、供養から処分まで引き受けてくれる業者に相談してみてはいかがでしょうか。

 

○仏具店に処分を依頼する

 

仏具店の多くは古い仏壇の引き取りサービスを行っているので、他に仏壇を処分する方法がない人でも手軽に利用できます。仏壇や仏具の販売も行っているため、仏壇の買い替えを行う手段としてもおすすめです。

 

仏具店に処分の依頼を検討しているなら、お寺と提携しているか、供養証明書を出してくれる信頼できる仏具店を探しましょう。

 

○不用品回収業者に依頼する

 

仏壇の他に一緒に処分してほしいものがあるなら、不用品回収業者に依頼して回収してもらうのもおすすめです。自治体に依頼する場合だと指定された日時に仏壇を家の前に置いておかなければなりません。

 

他の方法と比べると少し費用は高くなりますが、他に処分したいものと一緒に回収してもらうことでお得に不用品を回収してくれます。

 

なお、回収してもらう前に閉眼供養を済ませていることが前提であることを忘れないようにしましょう。

 

○自治体に回収してもらう

 

閉眼供養が済ませてある仏壇は魂が入っていない単なる木箱なので、自治体に回収してもらうことができます。ただし、自治体によって回収ルールが異なるため、自治体の回収ルールを必ず確認しましょう。

 

仏壇を処分するということ自体に精神的な抵抗を感じる人も多く、そのまま外には出せないという人もいるでしょう。人の目が気にならない、抵抗は特に感じないという人は自治体に回収してもらいましょう。

 

もちろん事前に閉眼供養を済ませておくのも忘れないでくださいね。

 

【まとめ】

 

仏壇は一般的な不用品と違って特別なものなので、処分方法も違うところが多くあります。開眼供養を行っている場合は必ず閉眼供養を済ませておかないと、どんな方法でも絶対に処分してくれません。

 

自治体、不用品回収業者、菩提寺、仏具店など、どんな方法で処分するか検討する前に必ず閉眼供養は済ませておきましょう。人の目が気にならないという人は、自治体の回収ルールを確認して回収してくれるか確認することが大切です。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社マイジョリティサービス. All rights Reserved.