ブログ一覧


不用品回収業者を利用するメリット・デメリット

メリット デメリット

 

不用品回収業者の必要性とは?行政(自治体)の粗大ごみ回収との違いとは?

 

不用品回収業者は全国数千社以上存在すると言われています。

すなわち行政(自治体)の回収だけでは需要が追い付かず対応が不十分であることから不用品回収業者が必要とされているということに繋がります。

 

それでは違いは何なのか?

今回は不用品回収を業者に依頼するメリット・デメリットのご紹介です。

 

不用品回収業者に依頼するメリット

 

急な処分にも対応可能

行政(自治体)の粗大ごみ回収サービスは、月の回数や曜日、日にちが指定されている為お客様個人のスケジュールに合わせて処分することが出来ません。

引越しの日程とうまくスケジュールが合わないときや急な対応が必要になった時には処分に困ることがあります。

そんな時に不用品回収業者に依頼すると、即日対応も含めて回収日程をお客様のご希望するスケジュールに合わすことが出来ます。

 

リサイクル家電などもあわせて回収できる

家電リサイクル法によりテレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機、エアコンなどのリサイクル家電はリサイクルが義務付けられている為自治体では回収してもらえません。

処分する場合は購入した電気店や、買い替えの場合は新しく購入する電気店に引き取ってもらう必要があります。

パソコンなども自治体では回収不可なのでメーカーに相談する必要があります。

不用品回収業者ではリサイクル家電やパソコンをあわせて回収出来るので大変便利です。

 

買取可能なものがあれば買取OK

自治体では出した家具、家電などを買い取ってはもらえませんが不用品回収業者のなかには、まだ使用できるものや価値があるものを買い取ってくれる場合もあります。

買取金額は回収費に充てたりと出来ますので是非買取可能なものがあるか確認しましょう。

 

運び出しや清掃も一気に依頼できます

自治体では指定の場所に処分するものを運び出す必要がある為、大きなものや重たいもの、分解が必要なものも全て自分で対応しなければなりません。

不用品回収業者に依頼すると、全てお任せで依頼することが出来ますのでスムーズに作業が完結できます。

運び出した後の清掃も依頼することが可能な業者もありますので、大幅な時間削減が出来ます。

 

不用品回収業者に依頼するデメリット

 

費用面はやはり自治体の方が有利

やはり便利な分費用は自治体に比べると割高になることがほとんどです。買取なども利用して費用を削減することもできますが、それでも自治体よりは高額になります。

理由としては上記のメリットで記載したことが大きく値段に反映されます。

 

悪質な業者とトラブルになることも

数多くの業者が存在しますので中には悪質な業者もいるようです。無料回収などと大きく謳っている業者は注意が必要です。

ホームページなどで比較検討して住所や電話番号や口コミ等、顔の見えやすい業者を選ぶことでトラブル回避することが出来ます。

 

以上、今回は不用品回収業者のメリット・デメリットについて記載させて頂きました。

是非参考にして頂ければ幸いです。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社マイジョリティサービス. All rights Reserved.