ブログ一覧


遺品整理の際に残すものについて解説 その判断の仕方とは  

遺品整理で残すものの一つ、懐中時計

遺品整理の際に残すものについて

この記事を読むための時間:3分

自分の親族が亡くなられて、遺品の整理をする際に、どのようなものを残しておけばよいのか、あなたははっきり答えられますか?故人の愛用していたものや、家族写真など、いざ整理してみるとその処分に困ってしまう方も多いのではないかと思われます。今回は遺品整理の際に特に残しておきたいものについてお話していきます。

遺品整理で残すものの判断基準とは

遺品整理で残すものの判断基準は、いくつかあります。まず判断しなければならないのが、残されたものにどれだけの価値があるか、ということです。遺品を整理する際によくあるのが、実はものすごく希少価値がある骨董品なのに「汚い」「古くて価値があるように見えない」などの理由で、すぐに捨ててしまうこと。捨ててしまった後で後悔してももう元には戻りませんし、価値のあるものを捨ててしまったということで親族同士のトラブルが起こるかもしれません。なので、遺品整理をする際はすぐに捨ててしまうのではなく、遺品1つ1つの価値について、しっかり調査してから処分を判断することが大切です。このことは金銭的に価値があるものだけではなく、例えば家族の集合写真など、思い出などが詰まったものなども同様です。

遺品整理で残すもの

遺品整理で特に残しておきたいものをいくつか挙げてみました。

・通帳、現金
・土地の権利書
・売却価値のあるもの
・故人の身分証明書
・故人の思い出のもの

現金や土地の権利書などはわかりやすくても、遺品の中には売却価値があるかどうかの判断が難しいものも多々あります。なので、処分に迷ったらまず一度取っておくことをおすすめします。取っておいた遺品を後に調査し、ものの価値が判断できたところで親族と話し合い処分すれば、親族同士の争いも起こる可能性が低いです。また、家族写真や手紙など、故人の思い出の品も、親族同士で話し合ってから処分するようにしましょう。

通帳、現金

故人の残した現金は遺産として親族同士で分配しなければなりません。なので、故人のお財布の中の現金や、故人の服の中に入っていた小銭などはその場で処分せず、すべて残しておきましょう。一度全ての現金を取っておき、後に親族が集まったところで分配すれば親族同士の争いも起こる可能性が低くなります。また、通帳は故人の銀行口座に入っている現金の証明になりますから、こちらも必ず取っておいてください。

土地の権利書

金庫の中や、タンスの引き出しから土地の権利書が見つかったら、必ず残しておきましょう。古い文字で書かれた、かなり古めかしいものでも、その土地の権利を証明する、重要な書類になるかもしれませんから、間違えて捨てたりすることのないようにしてください。明治時代などの、かなり古い漢字や文章で書かれた書類は、鑑定士などに翻訳を依頼すると内容が詳細につかめて、その後の遺産分配に大いに役立つかもしれません。

売却価値があるもの

故人が利用していたオーディオやPCなど、売却ができそうな遺品に関しては、必ず取り置きするようにしましょう。売却して現金化できるかもしれませんし、親族の中でそのまま使用したい人がいるかもしれません。その場で勝手に捨ててしまっては、トラブルになってしまいますから、判断がつかないものも含めて、少しでも売却価値がありそうならば、一旦取っておきましょう。

故人の身分証明書、印鑑

故人の身分証明書や印鑑は、その後の手続きで必要になる場合がありますから、必ず取っておきましょう。故人名義の不動産会社や銀行口座などに対し、契約内容の再確認や解約を行う際に必要な場合がありますから、発見した身分証明書や印鑑は全て保管しておくことをおすすめします。

故人の思い出のもの

故人が家族と撮った写真や、故人が家族に宛てた手紙など、思い出が詰まった遺品は必ず取っておきましょう。家族や親族が形見分けとして欲しがるかもしれません。思い出が詰まった写真や手紙は唯一無二のものであり、この世に1つしかない大切なものです。捨ててしまったら二度と戻ってこないので、処分する前に必ず親族全員で、相談してください。

売却価値のあるものとは

遺品整理において売却価値があるものとは、実にさまざまです。現代社会はモノの価値が多様化しており、個人の価値観では判断することが難しくなっています。例えば、昔に作られた、見た感じ古めかしいフィギュアやブリキのおもちゃなども、ものによっては希少価値があり、高額で取引されている場合があります。貴金属や骨董品など、見た感じで売却価値がある程度判断できるものもあれば、そうではないものも多いので、現代の遺品整理は売却価値についてかなりの知識が必要です。

残すものの判断が難しい場合は

遺品整理は残すものの判断がかなり難しくなっています。遺品の価値についての様々な知識が必要であり、知識がないと、価値が高いものを誤って捨ててしまう可能性も少なくありません。そのような時は遺品整理を私達京滋の不用品回収.comのような遺品整理業者にお任せするのも有効な方法です。プロに一任することで価値ある遺品を捨ててしまう恐れがなくなり、その後の清掃までがとてもスムーズです。
当社では無料でお見積もりさせて頂いておりますので、遺品整理でお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2021 株式会社マイジョリティサービス. All rights Reserved.